発泡スチロールのパイオニア・カンパニー

お問合わせはこちら 0120-707-226

NEWS News」一覧はこちら

発泡スチロールとトーホー工業

世界では年間約500万トン以上(2016年推計)の発泡スチロールが利用されています。おもな利用地はヨーロッパ、アメリカそして中国です。ところが、日本では年間わずか約14万トン(2016年推計)しか利用されていません。日本のシェアはわずか3%足らずです。
トーホー工業は、日本でも、もっともっと発泡スチロールを活用していただける分野を拡大することを目標に企業活動をしています。
当社の活動を詳しくご案内します。ぜひ第1章から第8章までご覧ください。
代表取締役 近藤 大輔

 

第8章 製品安全方針について

トーホー工業では、改正食品衛生法に基づき、適正原料の使用、生産工程の衛生管理、品質管理、製品トレーサビリティの確保に取り組んでいます。

第9章 SDGs

トーホー工業では、SDGs遂行の基本方針を「EPS to EPS 循環型企業の構築」と定めました。
その具体策は、

  • [1]「省プラスチック」素材のEPS製品を開発し、プラスチック使用量の総量削減を実現します。
  • [2] EPS製品から新たなEPS製品を創り出す循環の仕組みを構築し、廃棄しないEPS製品を創り出します。

お問い合わせはこちら

トーホー工業は新製品の開発を経営の中心に位置付けています。
新製品はお客様の「こんな物は作れないか?」とのご要望から生み出されています。
どんなご要望でも結構です。お待ちしています。

EPSは発泡スチロール(Expanded Poly-Styrene)の略称です。